日常生活の影響 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > スタッフブログ > 日常生活の影響

日常生活の影響

交通事故治療を受けにいらっしゃる方の中には、

家事全般をする方もいらっしゃいますし、仕事をしていらっしゃる方もいらっしゃいます。

それらの日常生活を交通事故に遭う前にもどしていく必要があります。

一言でいうとリハビリになりますが、そのリハビリをどのタイミングで

どの程度の負担で行っていくかというのが、色々な院で少しづつ違っています。

基本軸のところは変わらないのですが"細かい症状の変化をいかに

とらえて次につなげるか"という点では院によっても

その個人の施術者によっても変わってきます。

では、日常生活からの影響をどの程度考えながらリハビリをしていくのが理想なのでしょうか。

いち早くゴール、つまり交通事故に遭う前の状態に持っていくには、

すぐに今まで通りの日常生活を過ごせばいいのかというとそれは却って逆効果になることがあります。

極端に考えていただけばわかりやすいと思うのですが、健康体ではあるが、

今まで全く運動をしなかった人が明日いきなり、高校生がしている部活と同等の運動をしたら、

どのようになるでしょうか?


恐らく、体に不調を感じない人はいないでしょう。

その前にその運動量についていけない、というのが現実かもしれません。


それと同様なことが事故後の体には起きているのです。

今までの日常生活動作はその交通事故の治療を受け安静にしていた人にとっては

"普通の健康体の人が高校生の部活をいきなりやっていく"と同じような負担が掛かるのです。


ですから、調子よかったと思っていて、家事や今までと同様の仕事をしたら次の日また痛みが

ぶり返したということが起こり得るのです。

                             宇都宮市の交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。