スタッフブログ - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > スタッフブログ

日常生活の影響

交通事故治療を受けにいらっしゃる方の中には、

家事全般をする方もいらっしゃいますし、仕事をしていらっしゃる方もいらっしゃいます。

それらの日常生活を交通事故に遭う前にもどしていく必要があります。

一言でいうとリハビリになりますが、そのリハビリをどのタイミングで

どの程度の負担で行っていくかというのが、色々な院で少しづつ違っています。

基本軸のところは変わらないのですが"細かい症状の変化をいかに

とらえて次につなげるか"という点では院によっても

その個人の施術者によっても変わってきます。

では、日常生活からの影響をどの程度考えながらリハビリをしていくのが理想なのでしょうか。

いち早くゴール、つまり交通事故に遭う前の状態に持っていくには、

すぐに今まで通りの日常生活を過ごせばいいのかというとそれは却って逆効果になることがあります。

極端に考えていただけばわかりやすいと思うのですが、健康体ではあるが、

今まで全く運動をしなかった人が明日いきなり、高校生がしている部活と同等の運動をしたら、

どのようになるでしょうか?


恐らく、体に不調を感じない人はいないでしょう。

その前にその運動量についていけない、というのが現実かもしれません。


それと同様なことが事故後の体には起きているのです。

今までの日常生活動作はその交通事故の治療を受け安静にしていた人にとっては

"普通の健康体の人が高校生の部活をいきなりやっていく"と同じような負担が掛かるのです。


ですから、調子よかったと思っていて、家事や今までと同様の仕事をしたら次の日また痛みが

ぶり返したということが起こり得るのです。

                             宇都宮市の交通事故治療対応院

宇都宮市の交通事故治療は全国専門家集団ネットワークで対応||保険が使えますか?

接骨院や整骨院では、厚生労働省が認可した施術者が治療にあたります。

ですので、交通事故での自賠責保険、任意保険、健康保険のいずれかを使って治療することが可能です。


整形外科などと同様に通院することが可能だということになります。

接骨院のメリットとしては、同じ術者が毎回その患者さんを診ることが出来ることでしょう。

もちろんフランチャイズのような

大きな接骨院の場合にはローテーションで術者が入っていることもあるので

毎回同じ施術者ということは難しいかもしれません。

毎回症状を見ることが出来るメリットは何でしょうか?

当院の自論ですが治療は点ではなく線で診ていく必要があります。

違った言い方をすれば1 か 0ではなく 1もあるしその間の0.2や0.7などもあるということです。

症状に対しての尺度が細かいほどより詳細なことを知り対処していくことができます。


 もっと簡単な表現をすれば経過を診ていくということでしょう。

痛みの取れ具合や症状の消え具合というのは

"2か月あった症状が3ヶ月目に入ってパッと魔法のように消えるということ"は、ないということです。

結構な頻度で治療を受けに来ていただくのですから、結構な頻度で治療の効果を見させていただく

必要があります。

 それがなければ単なる流れ作業になることでしょう。

毎回同じようなことをしているように感じるかもしれませんが、それをしているのが接骨院の強みでしょう。

接骨院の対象範囲は整形外科のそれに比べて狭いです。

かといって、整形外科の基礎知識を知らないでいいということには、なりませんので、

整形外科で数年働いて色々な症例を見ておくのが開業までのルートでした。

しかし、最近はそうでないパターンもあるようです。

                                   宇都宮市の交通事故治療対応院

交通事故による背中の痛みの原因

当院にいらしている方の中で、
交通事故によって背中を痛めている人たちがいらっしゃいます。

どのように傷めたのかということを考えていきます。

多くの方は車と車がぶつかることにより背中に痛みを訴えられます。

その際に背中そのものをぶつけているわけではありません。

もし、交通事故の際に背中がぶつかったとするならば

記憶に少なからず残っているということが考えられますが

ほとんどの方はそのような訴えをしてきません。

また、ぶつかった瞬間を覚えていないという方も多いですが

どこかをぶつけたということは

結構覚えているものです。

交通事故の場合には追突での衝撃の場合には

背中がぶつかるものが中々ないということは日頃、

車に乗っている方々がよくわかっていらっしゃることだと思います。

すると、ぶつかったから痛いのではないことが多いという

結論になってきます。

また、背中がぶつかった場合には

打撲ということになりますがそのときの痛みの出方は限局的になります。範囲が

ぶつかったところに限定して

痛く点で表されたり帯状の痛みとして感じ取ります。



                宇都宮市の交通事故治療対応院

むち打ち症で他の病院と接骨院や整骨院の 通院と接骨院の長所

前回、整形外科などに通院していただくことが患者様にとって非常に安心感をもたらし、薬などを出していただくことは初期の
頭痛や強い首や肩や腰や背中の痛みにありがたい。という
お話をさせていただきました。

 では、接骨院や整骨院がむち打ち症に対してどのようにアプローチすることが出来、患者様にとってメリットがあるのでしょうか。
 
 接骨院や整骨院の場合にもタイプが分かれるとは思いますが
大体が先生が交通事故に遭われた方の話を伺い(問診)治療や施術もその先生がするということが多いと思います。つまり、初めから終わりまで1対1の関係で施術を受けてもらうというのが特徴であり長所だと思います。
 
 むち打ち症は毎日症状が違うことがありますので毎回同じ先生が見るのと、日によって違う先生が見るのは経過を追っていったりその人に遭った治療法を見つけるには差が出てくることでしょう。
 もちろん、複数の先生方が施術をする場合でもその先生方が
蜜に連絡を取り合い管理されているならばその差も埋まることと思います。ファッジーな考え方をすると同じ刺激には人間は慣れるということになりますから、そういう意味では担当の方が
変わるというのもまたメリットかもしれません。

  最近は、夜遅くまで院を開いているところも増えてきておりどうしてもシフト制になってしまいます。夜遅くまで開いているのは現代社会では必要なことと感じます。
 お仕事が終わるのが夜の10時くらいのお話もよく聞く話です。

 ですので、患者さまの生活リズムにも左右されますが以上のようなメリットデメリットがあると思われます。
 
  お悩みなど、で不安を持たれている方はお気軽にご相談ください

 

宇都宮市の交通事故治療対応院

宇都宮市で膝の痛み治療なら

膝の痛みが出る原因 (宇都宮市で記述)

 膝が痛くなる原因は大きくわけて2つあります。
1つは関節の中で起きている原因
もう1つは関節の外で起きている原因

 関節とはわかりやすく言えば骨と骨のつなぎ目にあたります。
この繋ぎ目は痛みやすい傾向にあります。

 長い進化の過程で骨と骨の間にクッションができました。
 
 このクッションが傷つく、割れる、欠ける、といったとき
痛みが起こります。
 
 往々にして、膝の内側に痛みが出やすいことが多いです。
ただ、外側に痛みが出ることもあります。

 場合により、膝が重苦しいと訴えられることもあります。
これも重苦しさを出している原因が内側にあるか
外側にあるかで区別されるべきです。

 ただ、膝に痛みが出た場合に内側だけに原因がある
膝の外側だけに痛みの原因があるという考えに
固着せずにどちらにも原因があるという可能性を
常に頭に置いてその痛みは施術されるべきでしょう。


膝に痛みがある方へのHPはこちらをクリックされて下さい。
                        さくら鍼灸接骨院


 1  2 



交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。