交通事故による治療での安静 その4 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故による治療での安静 その4

交通事故による治療での安静 その4

前回では、交通事故での治療を受けられる場合に

その人の基礎状態によって反応が違うということをお話させていただきました。

すると、施術者は教科書や今までの経験のみでその人を治療していけばいいのでしょうか。


ここにオーダーメイドという概念が出てきます。

オーダーメイドとは少なからずの院では取られている方法だと思います。

それの反対の概念は画一的な型にはまった治療ということになるでしょう。

特に安静という観点からみると、

事故後の2週間ほどで運動を薦めたほうが予後がよいと言われています。


そうかといって、どのような人にもそれができるかというと実際には難しいと考えられます。

なぜなら交通事故から2週間ほどの場合の首や腰などの痛みは

とても強いことがあるからです。


そのとても強い痛みに対して運動がいいと言ってその痛みを出すということは、筋肉の緊張や神経

の過敏性を生じさせるために却って逆効果になることも考えられます。


効果は長い目で大規模なデータに基づき測られなければなりませんが

今までの臨床の経験から直観的に痛い動作を繰り返すということはよくないという術者としての感

覚があるのです。


結論として教科書や自分の経験をもとにしながら施術するが決してそれは絶対的な尺度ではないと

いうことを頭の片隅に置きながら施術にあたることが理想かと思うわけです。


                      宇都宮市の交通事故治療院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。