交通事故による治療での安静 その3 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故による治療での安静 その3

交通事故による治療での安静 その3

では、交通事故に遭い痛みが出ている際の

安静をどの程度取っていくのが妥当なのかということですが、例えば、交通事故に遭い治療

を開始してから1か月を経過し始めた場合のケースで考えてみましょう。


事故当初には同じような症状を訴えていた方2人がが1カ月後にも

ほぼ同様の症状になっていきます。

この頃になると比較的強い刺激をしても大丈夫になってきます。ここでいう刺激とは運動、

家事、マッサージ、指圧などを指しています。

そこで同じ程度の刺激での治療をしていくのですが、1人の人は体が軽くなっていくのに対


してもう1人の人は頭痛が出たり、かえって重苦しさを出していくのです。


この差が何から出てくるのかですが当院では

"その人の基礎状態"

と呼んでいます。

その人の基礎状態はある程度の臨床の経験がありますのでこちらで把握しているものです

が、基礎状態の違いは非常に千差万別の傾向があります。

たとえば、同じ体型と同じ運動を毎日しているとしても、


その人がどれだけ過去にマッサージなどを受けて


刺激になれているかどうかで差が出てしまうものなのです。

                        宇都宮市の交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。