交通事故による治療での安静 その2 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故による治療での安静 その2

交通事故による治療での安静 その2

前回は、交通事故後の安静の取り方を

絶対安静から痛みが出たらその動きをしないという程度までわけてみました。

では、一般的に接骨院に

来院されている方達では、

どの程度安静にすることが治療につながっていくのでしょうか。

絶対安静をしていくことはまず接骨院の通院できる

程度の場合には体を起こした時点ですでに負担がかかっており歩行や椅子に座り続けるなどの持続的な負担がかかるという

ことから実現不可能なレベルということだということができます。

するとそれよりは負担が掛かるくらいの安静となってきます。


言葉で表すならば

「なるべく動かさないようにして、重力に逆らわないようにし痛みの出る部分に負担が掛からないようにしましょう」


ということになるでしょう。

重力に逆らう動きとは座っている姿勢や立っている姿勢といってよく、


逆らわない動きとは横になるということになるでしょう。


このような安静の時期を当院では約2週間は取っていただくことにしています。

宇都宮市 交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。