交通事故後の腕の重さについて考える - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故後の腕の重さについて考える

交通事故後の腕の重さについて考える

交通事故治療により、腕にしびれを訴える方はよくいらっしゃいます。

そのほとんどの方が片側の腕に痛みを訴えます。もしくは

どちらかにしびれを強く訴えます。

しびれに近い症状として重さが挙げられます。                                  
 
このとき片側に症状を訴えたり、片側だけが症状が強いということが多くあります。

それは、交通事故で損傷した部分が右か左かのどちらか

一方であるということを考えられます。

しびれというと神経由来が一番考えられますが、

脳神経外科で脳と脊髄に異常が見られない

場合にはそれより末端のどこかに炎症や絞扼が起きているために

腕のしびれが出てきていると推測していくことができます。

両方に症状が出てくることも稀にあります。

この場合にも脳や脊髄に異常がないのであれば、

それより末端の部分が同時に負傷した。

と考えることが可能でしょう。

神経の炎症や損傷はその傷ついた程度により回復もマチマチですが

気長に数か月のスパンで考えていくことが重要だといえるでしょう。


 宇都宮市の交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。