交通事故に遭い腰が痛くなっている場合に腰に掛かる負担 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故に遭い腰が痛くなっている場合に腰に掛かる負担

交通事故に遭い腰が痛くなっている場合に腰に掛かる負担

交通事故の衝撃が体へどのように伝わっているかということから

腰の痛みがどのように発生するかを考えてみたいと思います。

まずは車がぶつかった際に車から車へと衝撃が伝わります。

その後、腰に衝撃が加わります。

次に胸そして首というように伝達されていきます。

交通事故によるむち打ち損傷の40%程度の方に腰痛が起こるとされています。

ただ、発生の機序がまだ明確にはなされていないとされています。

損傷箇所として考えられるものは筋肉、筋肉を包んでいる膜、関節と考えられます。

もっともそれらは、骨や神経の異常がないという次のステップで得られるべき回答となってきます。

腰に対して掛かった負担を痛みという結果から考えていくという推測をしていくならば、

よくあるのは立ち上がりの痛みや屈曲時の痛みがあげられます。

屈曲時の痛みとは座った状態で体を丸めていったり立った状態で前かがみするなどです。

その際に負担を強いられる筋肉は脊柱起立筋群という腰にある筋肉の仲間たちになります。

この腰に痛みを出している筋肉群が交通事故による衝撃により傷がついたということが考えられます。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。