むち打ち症での腰の痛みにシップをする - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症での腰の痛みにシップをする

むち打ち症での腰の痛みにシップをする

むち打ち症では、腰が痛くなることもよくあります。

これは、体全体がしなるように負傷するために
腰から上の部分が部分的に傷んでしまうために起きる症状です。

腰の痛みと首の痛みがある場合に湿布(シップ)をしたときの
温度の違いを訴える場合があります。

むち打ち症では傷めた時期が腰も首もほぼ同じ時期であるのですが
湿布(シップ)を張った場合に

腰はものすごく冷たく感じて首はあまり冷たく感じないというようなことがあります。

これは、まずは神経が損傷していないかどうかを疑うことから始めます。
車と車がぶつかった際の衝撃はトン(t)であらわされるくらいですから相当な衝撃となります。
中にいる人にはそこまでの衝撃はないはずですが、
神経の損傷が起きていないということはすぐにはわかりません。

感覚の異常がある可能性があることから疑われていくケースだと思います。

一般には神経の損傷で感覚異常となりますと運動神経も入りますから、

力が入りにくいなども出ていることもありえます。

しかし、過剰に心配しすぎてもそうでないことの方が

多いので"かもしれない"とむち打ち症のに対応しています。

宇都宮市の交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。