むち打ち症で頚椎に掛かる負担を取り除く - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症で頚椎に掛かる負担を取り除く

むち打ち症で頚椎に掛かる負担を取り除く

むち打ち症になる際に頚椎には

急激な負担が掛かることにより首周囲の
筋肉が傷つきます。

筋肉以外にも骨、靭帯、神経が傷ついていると考えていいでしょう。

頚椎についている筋肉の役割を大きく2つ挙げると動かすことと静止することです。

このどちらも役割としてもっています。
むち打ち症となり傷ついた組織(筋肉や骨など)を
出来るだけ休ませてあげることが初期のうちは必要だと考えられます。

休ませる方法の1つが静止させることになりますが、静止にも2通りあります。

重力に逆らって頚椎を静止させることと

重力に逆らわずに頚椎を静止させることです。

休ませるためには当たり前ですが重力に逆らわずに頚椎を静止させる方法を選ぶ必要が出てきます。

最も簡単な方法は寝る(横になる)ことです。

このことにより頭の重さが枕もしくは床に支えられることになりますので
頚椎の周りの組織への負担が軽くなります。

もっとも、寝返りをする際などは痛みが出てしまいますが
ずっと座り続けているよりは負担を軽くさせることができます。

その他にもほおづえをつくなども頭の重さを取り除きむち打ち症に
なった頚椎への負担を取り除いてあげるには有効でしょう。
                 
             
                                  宇都宮市の交通事故による
                                       むち打ち治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。