むち打ち症で腰が痛い時の治療とは - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症で腰が痛い時の治療とは

むち打ち症で腰が痛い時の治療とは

むち打ち症で腰が痛い時には、
当院では程度を見ながら腰椎バンドをしていただくようにしています。

腰の痛みはその損傷した場所によって真ん中が痛く感じたり
右側もしくは左側が痛く感じることがあります。

腰椎の3番目くらいに痛みを感じることもあれば腰椎の5番目くらいに
痛みを感じることもあります。それらの混合型というのもあります。


 むち打ち症で腰に痛みが出る場合には
そこに医療用の低周波などをしていきます。
その後調整をしていきます。
前屈をしていたい腰が痛い場合と後屈をして腰が痛い場合には、
その調整箇所が変わってきます。

腰椎といっても骨もありますし、
筋肉もあります。
そして神経もありますので
それらがどのように損傷(傷ついている)しているかにより治療方法は判断されるべきでしょう。
ある程度の期間を過ぎると一定のパターンで痛みが出てくることが自覚できます。

その場合にはもう少しでゴールが見えると考えていただいていいでしょう。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。