鞭打ち症で首がまわらない際の治療とは - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 鞭打ち症で首がまわらない際の治療とは

鞭打ち症で首がまわらない際の治療とは

鞭打ち症で首が回らないという訴えはよくあることです。

それがケガをした当初に特に現れることです。
原因は痛みにあることがあります。

場合によっては不安により動かせないということもありえます。

また、動かせないことによる不安感もでてくるでしょう。

特に鞭打ち症(むちうちしょう)急性の時期には痛みも強く不安
が大きいです。

初期の段階ではある程度不安にも痛みにも耐えていただく必要が
出てきますが治療を受けていけば痛みが減少していくことと思います。


首を回す時期は担当している整形外科の先生や接骨院の先生と不安が取れるまで
話されることをお勧めします。
鞭打ちの臨床症状を数多く診ている先生ならば
的確なアドバイスをいただけることと思います。
早すぎず遅すぎずというさじ加減は損傷の程度によってきますし性格や体格などにもよって変わってきます。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。