鞭打ち症の治療はいつまで通えるのか?  通院期間と治療家の役割 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 鞭打ち症の治療はいつまで通えるのか?  通院期間と治療家の役割

鞭打ち症の治療はいつまで通えるのか?  通院期間と治療家の役割

鞭打ち症の治療期間を考えるとおよそ3ヶ月から6ヶ月が一般的でしょう。
多くの場合にそれくらいで納得のいく症状まで回復するというのが
その理由になるでしょう。
しかし、理論上やデータ上では鞭打ち症の治療期間が決められて載っているような文献もあるために3ヶ月程度が鞭打ち症の治療の目安として受け取られてしまう場合もあります。
 実際の現場に立っている方は感じると思いますが
千差万別で必ずしも期間内に同じ経過をたどるとは限りません。
交通事故で鞭打ち症を起こした際の程度やその方の痛みに対する
抵抗力
もともと持っていた筋力や筋肉の質などで
2~3ヶ月の差が出ることはよくあることです。
 また、鞭打ち症によって生じた痛みが
どの程度になれば納得して治療を終了にするかということも人
によって様々だと感じられます。
 ただ、無期限に治療を続けられるということはないためにある程度の症状のところでその後は時間の経過に委ねていくという気持ちも大事なことだと感じます。
  
 ある程度の通院期間の目安を話し合うのも治療家の役割となっています。



交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。