鞭打ち症(ムチウチショウ)で朝と晩の痛みの出方とは(宇都宮市にて) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 鞭打ち症(ムチウチショウ)で朝と晩の痛みの出方とは(宇都宮市にて)

鞭打ち症(ムチウチショウ)で朝と晩の痛みの出方とは(宇都宮市にて)

むち打ち症に限らず朝の痛みは出やすい傾向にあります。
特にそれを強く感じるのは急性期と考えられる時期に出安いといえるでしょう。
朝晩を比較した場合には急性期には朝のほうが強く感じることが多いようです。

では、むち打ち症で朝方に痛みを感じやすい理由は
どこにあるのでしょうか。
最も納得のいく理由としては朝が一日の動き始めであるから
という理由です。
夜寝ている間、痛みが出ないように本能的に体を休めます。
あえて痛みを出す姿勢で寝ることはないと思います。

すると、その間鞭打ちにより傷ついた筋肉や頚椎は
安静を保つことができます。目が覚めます。そして一日の生活が始まります。つまりは動きはじめです。その時に傷ついた筋肉や頚椎が伸ばされます。
すると痛みを感じるということです。傷ついた部分が伸ばされると痛みが出るというのは皮膚などをケガをした方は直観的に経験されていることと思います。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。