むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて)

むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて)

むち打ち症に関係してくる首の痛みには骨に起因するものと神経に由来するもの
関節に由来するものがあります。
このうち頚椎というものはどれをさしているのでしょうか?
頚椎とは骨のことを言っています。
頚椎は一般的には7個あるのですが人によってはまれにですが8個の場合や6個の場合もあるようです。
 
 7個の骨は連なっており、横から見ると湾曲をしています。
では、むち打ち症で頚椎という言葉を使った場合にそれはどのように表現されるのでしょうか。
「むち打ち症で頚椎を傷めました。」
「事故の衝撃で頚椎が損傷しました。」
などなどです。
この場合に前者は骨がどうなったかはわかりません。
場合によっては頚椎の関節の部分が傷んだことも考えられます。
場合によっては骨と骨のつなぎめである関節を傷めていることも考えられる
でしょう。
むち打ち症を診断した医師により表現方法が変わるためにそれを聞いた患者様は漠然としたイメージを持ちながら治療を受けられることが多々あるかと思います。
 頚椎を傷めたと言われた場合には骨なのか関節なのか筋肉なのかを教えてもらうということも不安を取り除くためには必要なことなのかも知れません。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。