むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて)

むち打ち症で首がまわらない際の治療とは(宇都宮市にて)

 交通事故に遭われて、むち打ち症になり首がまわらない場合に
どのような治療を取り入れているかということに関して
お話したいと思います。
 
 むち打ち症では、腰の痛みや背中の痛みそして首の痛みが出ることがあります。頻度が高いです。

 その中で首が回らないというのは主に急性期に強くでる症状であることが多いようです。首を回すために必要な動作は
前屈(下を見る)後屈(上を見る)側屈(頭を左や右に傾ける)
の組み合わせによるものになります。

 痛みにより交通事故から初期の(急性期)首を回す動作はかなり痛みを伴います。ですので痛みにより動かすことが出来ないということになります。その際に必要な治療は適度に動かすということになります。この適度に首を回すという適度さが臨床経験の豊富さや
その治療者がどれだけ細かく見るタイプの施術者かによって変わってきます。
 
 以前は通称 体育会系と我々の世代は呼んでいるのですが
痛みを我慢してなんぼのものというような根性による回復方法
が主でした。ですから、年配の方は我慢強い傾向にあります。
最近は、麻酔などの発達もあってでしょうか。痛みを我慢してまで治そうという傾向は薄らいでいるように感じています。
時代によって変わっていくようです。

 ですから、体育会系の先生での治療は痛みを我慢して首を回す治療が選択されることが予測され、最近の比較的若い世代の先生は無理せず首を回していきましょうという治療が選択されることが予測できます。
 
 どちらにも長所短所があるでしょう。 
 
   
 
 


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。