停止線でぴたっと停まることで交通事故を防止する - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 停止線でぴたっと停まることで交通事故を防止する

停止線でぴたっと停まることで交通事故を防止する

みなさんは、交差点や一時停止の手前にある停止線があったら、そのどこらへんで停止して
いますか?
 停止線をはみでる、というのは論外ですが、停止線にほぼぴったり、か、停止線の少し手前、か、
停止線から少し(数m)離れたところ、のいずれかだと思います。
 そんなの意識していないと言われるかもしれませんが、不思議なことにほとんどの人が大体いつも
同じように停止線で止まっているのです。
 ぴったり止まる人は、いつもぴったりですし、停止線から少し(数m)離れている人は、いつも少し
離れているのです。急停止した時などを除けば、大体同じ傾向になっているから不思議です。
 今度運転した時にチェックしてみてはいかがでしょう。

 ただ、この停止線で止まる際に、いつも停止線から少し離れているという人は要注意です。
そのままだと交通事故の危険が他の人よりも高い可能性があるからです。

 停止線から少し離れて停まるという場合、大きく2つのタイプに分かれます。
 1つ目のタイプは、実はそんなに離れているつもりはないという人、そしてもう2つ目のタイプは、
なんとなく停止線のぎりぎりまで行くことが危ないと思ってる人です。
 1つ目のタイプは、車の大きさをなんとなく把握できていないという点でも少し問題がありますし、
2つ目のタイプのちょっと運転に自信がない感じも少し問題があります。
 でも一番の問題は、結果として停止線と車との間が少し(数m)空いてしまっていることなのです。
それが、交通事故の危険性を高めてしまっているのです。

 停止線と車との間が少し(数m)空いてしまうとなんで交通事故の危険性を高めてしまっているのでしょう?
その理由は、開けているところに、原付やバイク、が入ってくる可能性があるからなのです。
 停止線と車の間を空けてしまうという人のほとんどが、自分が停止した前に、原付やバイクが
入り込んできたという経験があるはずです。

 最初から、原付やバイク用のスペースがあるようなところでは、しょうがないですし、ある程度安全な
スペースが確保されていますが、通常のところではそんなスペースはありません。
 となると、停止した車と入り込んできた原付やバイクとの距離は、かなり近いはずです。
するとどうなるか?
 原付やバイクは、必ずしもスタートが速い訳ではありません。中には遅い人も、たまたまエンジンの掛かりが
悪くなることもあります。
 普通に車を発進させた時に、そんな原付やバイクと接触する可能性が出てきてしまうのです。しかもそれを
回避しようとブレーキを掛けた場合、後続車としては普通に発信すると思い込みやすい場所なだけに、そこで
急ブレーキを掛けられると、回避出来ずに接触してしまう可能性も出てきてしまうのです。

 そもそも、停止線と車の間には、原付やバイクは入ってこなかったはずなのです。それが停止線との間を
開けてしまっていたために、原付やバイクが入ってこれるようになってしまい、交通事故の危険性が増えて
しまったのです。
 そんなの入ってきた原付やバイクが悪いんじゃないか!と言われるかもしれませんが、万が一にでも
このことが原因で事故を起こしてしまったら、法律上、停止線との間を空けたことが悪いとはならないかも
しれません、原付やバイクにも責任があります。
 でも交通事故を起こしてしまったら、一生後悔してしまいます。交通事故は事故の被害者の心身の痛み
だけでなく事故を起こしてしまった人の心にも深い傷を与えてしまうのです。
 そうなってしまったら、どちらが悪いとか関係なくなります。

 だからこそ、交通事故の危険性が増えてしまうような運転の仕方は気を付けるべきなのです。
何気ない、停止線と車との間を少し(数m)開けてしまうことも、交通事故の危険性が増えてしまうのです。
 もし自分自身の運転が、このように停止線と車との間を少し(数m)開けてしまう、という人は、すぐにでも
治した方がいいでしょう。
 今回は、停止線での止まり方を例に挙げましたが、車間距離を空けすぎて走る行為も同様のことが言えます。
車間距離は空けて走りましょう、と言われますが、他の車や原付バイクなどが簡単に入り込める車間距離は、
逆に危険な場合もありますので、注意が必要なのです。

 停止線では、ぴたっともしくはあまり空けずに停まることで交通事故を防止していきましょう。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。