見落とされがちな危ない運転を見つけて交通事故を防止する - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 見落とされがちな危ない運転を見つけて交通事故を防止する

見落とされがちな危ない運転を見つけて交通事故を防止する

 交通事故を招くような危ない運転、と言えば、スピードをガンガンに出して暴走する車、
というイメージを持っている人も多いと思います。
 確かにその通りなのですが、そういう運転の場合は見てすぐにわかるので、避けるなり
近づかないような防御策を取ることが出来ます。
 危ない運転だけど、回避策も取りやすいと言えるのですが、同じように交通事故の危険が
あるのにも関わらず、見落とされがちな危ない運転と言うものがあるのです。その運転は、
見落とされやすいだけに、いざとなった時の防御策が取りにくいと言う危うさを持っている
のです。

 このような見落とされがちな危ない運転は、かなりの種類があるのですが、ここではその中から
2つの例(「路側帯の危険」と「バイクの危険」)についてご紹介したいと思います。

 「路側帯の危険」
 路側帯と言えば、歩道と車道との間にあるスペースのことですが歩道がない場合などは
歩道代わりにもなっているように基本的には歩道と同じように扱われ、道路交通法でも
法律上の説明『歩道等』には歩道と路側帯が含まれています。
 しかし、現状は歩道の一部というよりは、道路の一部のような思いをもたれている人も
多いのではないでしょうか。高速道路の路側帯のイメージが強いせいかもしれませんが
それはちょっと間違っているのです。
 路側帯は自動車は通行できません。ただ3種類ある路側帯の中で実線のみの路側帯は、
駐停車が出来るので、よく車が止まっているのを見かけるかもしれませんが、とにかく
車道ではないのです。
   
 この微妙な認識を持たれている路側帯に、交通事故の危険が潜んでいるのです。
例えば、路側帯に車が止まっている場合、急にドアが開く可能性もありますし、車の
陰から自転車が飛び出してくるかもしれません。路側帯に車が止まっているだけで、
交通事故の危険性が明らかに増しているだけに注意しておく必要があるのです。
トラックなどの場合は、路側帯からはみ出しているケースも多いため、特に注意する必要が
あります。
 渋滞の高速道路で路側帯を走る車がいたり、高速道路の出口付近の路側帯でトラックなどが
止まっているシーンを見かけると思いますが、結構事故が発生しているので、こういったところ
でも注意が必要です。警察ももっと取り締まればいいんですけどね。

 このように路側帯に停めたり走る運転は、交通事故の危険性が高いのです。日ごろから十分
気を付けておくべき行為なのです。

 「バイクの危険」
 原付は遅いから危ないなあと思っていても、バイクとなるとスピードを出して勝手に先に
行ってしまうし、向こうが勝手に避けてくれるから、あんまり危なくもないかなあと思いがちな
バイク。確かに、通常走っている車よりスピードが出ている場合も多く、狭い車間でもスッスッと
通り抜けているイメージがあります。
 ところが、このバイクも見落とされがちな危ない運転と言えるのです。

 バイクと言っても、運転している全ての人が上手な訳ではありません。当然初心者もいれば、
所謂安全運転をする人もいます。
 そうなると、バイクだからと言って安心できないのです。
 よく見かける例としては、フラフラな感じだったり、停車している時に不意に車の間を危なく
割り込んできたり、そして車線の真ん中を走っている、そんなバイクを見かけることがあるのでは
ないでしょうか?
 フラフラなのは、ハンドル操作がしっかり出来ていないため何かをきっかけに、こけたりはみ出る
ことが考えられますし、車の間を割り込んでくるのも信号が変わった瞬間に隣にいたりすると
気づきにくいため接触するかもしれません、そしてちょっと問題なのが車線の真ん中を走っている
バイクかもしれません。
 法律上、車線の左側を走らないといけない、とは書かれていません。しかし車でもバイクでも
キープレフトが原則です。車はほぼ車幅なのでキープレフトでもあまり差がわかりませんが、
バイクの場合、幅も狭いですから車線左側に行くのが当然なのです。パソコンする人ならわかると
思いますが、左寄せした時に文字がどうなるか?左端になりますよね。
 さらに、ネットなどでも左側を走らなくてもいい、という風潮があったりするようですが、
そもそも車とバイクは車幅が違うのです。その風潮自体が間違っているのです。
が、バイクに乗っている人の何割かが、そう思っている可能性があるために、結果として真ん中を
走る=危ない運転、となってるのでしょう。

 「路側帯の危険」と「バイクの危険」については、常に意識して交通事故防止をしていきましょう。
 


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。