交通事故防止の心得(親切なのがいい、さらにより慎重なのがいい) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故防止の心得(親切なのがいい、さらにより慎重なのがいい)

交通事故防止の心得(親切なのがいい、さらにより慎重なのがいい)

 車の運転にはマナーが大切です。
歩行者を見かけたら注意したり、初心者の若葉マークや高齢者のもみじマーク、身体障害者の方が運転する
クローバーマーク、車椅子マークなどを見かけたら、優しい運転を心がけるなど、配慮する運転は
マナーのある運転と言えます。

 また、マナーの悪い運転をしないことも大事です。

 タバコを吸いながらの運転、携帯電話で話しながらの運転など、運転中にマナーの悪い運転をしないことも
大切ですし、暴走運転やのろのろ運転、ジグザグ運転など運転自体もまたマナーの悪い運転をしないことが
大切です。

 基本的にマナーの悪い運転をしないことは、イコール交通事故を防止する事になる訳なのですが、
実は非常に不条理な事にマナーのいい運転も交通事故を招いてしまう危険があるのです。

 マナーのいい運転が交通事故を招くと言うと、なんだか、矛盾しているように思いますが、1つの例を
ご紹介します。

 
 例えば、横断歩道を渡ろうとしている年配の方がいらっしゃる場合、
マナーの悪い運転手は、まあ止まらないでしょう。

教習所でも横断歩道ではスピードを落とす、渡ろうとする人がいれば停止して
譲ると教えられているはずです。しかしマナーが悪い運転手は譲りません。

 マナーのいい運転手の場合は、停止して譲ろうとする訳ですが、ここに交通事故の危険があるのです。
道が一方通行の1車線であればそこまで危険もないのですが、ここが通常の対面道路などの場合、
やはり危険なのです。

 それは、対向車線を走っている車や、このことに気づいていない、もしくはマナーが悪く停止しない
可能性があるからなのです。

 停止して譲った場合、年配の方は安心して横断歩道を渡ろうとするでしょう。

譲って停止している車線は大丈夫です。

しかし、その車線以外、道路の半分から先の対向車線の車が問題なのです。

特に通常マナーが悪い運転手の車の場合には、横断歩道でスピードを緩めようとしていないため、
横断歩道を渡っている人が危険になってしまうのです。


 またさらに運の悪いことに、マナーの悪い運転手が多い中、
横断歩道待ちをしていた年配の方は、譲って
もらったことは、ありがたいと思われたり恐縮に思われる方もいらっしゃるでしょう、
そういう場合、

譲ってもらった運転手にお礼することがメインとなり、道の先の危険に疎かになりがちなのです。

 その結果、道路の半分を過ぎた時、かなり危険な状態となってしまうことがあるのです。最悪の場合は、
譲ったことがきっかけで交通事故にもなりかねないのです。

本来、対向車線の車もマナーのいい運転手であれば全く問題ないことで横断歩道を人が渡っていれば止まるはずです。


しかし、現実はそういう訳にもいかないため、渡って行った年配の方が危ない感じになる事があるのです。

 せっかくマナーのいい運転をしているのに、逆に危険となる不条理なことがあるのです。

 ならば、譲らない方がいいのか!ということになるかもしれませんが、もしかしたらいつまで経っても
年配の方は道路を渡れないかもしれません。それではあまりにも悲惨で残念な世の中になってしまいます。
 
そんな世の中にしないためにも、マナーのいい運転として横断歩道で譲る場合には、同時に慎重に他の車の
動向にも気を配ることが必要なのです。

 歩行者に道を譲る場合には、クラクションで合図するのも1つの手ですし、対向車線の車に対してパッシング
するのも1つの手です。

 さらに言えば、自分が譲られる側になった時に、譲ってくれた車へ感謝の意を示すと同時に、対向車線の
車に対して注意をするようにしていく必要があるのです。

 このように、マナーの悪い運転手が多く、マナーのいい運転手と悪い運転手が共存しているために、
マナーがいいことが交通事故の危険を高めてしまう危険もあるのです。

 運転中は親切なマナーのいい運転を心がけることが必要なのですが、そういうことがあるということも常に認識し、
親切と同時に慎重さが必要なのです。そうすることでより交通事故を減らしていけるのです。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。