交通事故防止の心得(当たり屋という存在に気を付ける) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故防止の心得(当たり屋という存在に気を付ける)

交通事故防止の心得(当たり屋という存在に気を付ける)

 交通事故というのは、基本的に不意に発生するものです。何かと何かの偶然が重なって思わぬ
タイミングで起きていると言ってもいいでしょう。
 
ところが、交通事故の中には人為的なものもあります。
それを引き起こしているのが
「当たり屋」
 という悪です。

「当たり屋」というのも、まあプロというのもおこがましい感じですが、

いずれも、卑劣な行動で善良な市民を陥れようとしているのですから、
よくない行為をしてしまっているといっていいでしょう。

 ただ、「当たり屋」によって交通事故を引き起こされると非常に面倒です。
 とにかく「当たり屋」のくず商売に巻き込まれないために、運転中には気を付けておきましょう。

 よくあるのが、田舎とかで『のろのろ運転』をしているケース、
ご年配の方が運転しているような場合は、それなりに対応すればいいと思いますが、
軽トラックなどでもヤンキーっぽい運転手などの場合は、気を付けましょう。
 
当たり屋の場合、追い越そうとしたタイミングや右左折のタイミングを見計らって、
接触をすることがあります。

 結構スピードが出ていれば、当たり屋の方も怖いから接触しようとは思わないものですが、

何せあらかじめ『のろのろ運転』をしていてスピードを緩めさせています。
そこから抜かそうとしてもそんなにスピードは出ていないので接触しようとしてきます。

 少しでも擦れば、当たり屋の思う壺で、やれ車体が破損したとか、やれ怪我をした、むち打ちをした
などの言いがかりをつけて金をせびろうとするのです。まあ行為としては非難されるべきものでしょう・・・

 多くの人は、田舎とかの道であれば、スムーズに少々スピードを出しながら運転したいものです。
そこに『のろのろ運転』の車がいると、ちょっと興ざめというかムッとしたりしてしまいがちです。

 しかし彼らは、それを狙っているのです。

 私達、真っ当な人間達は、そんな輩の罠にはまらないように十分気を付けておく、それが第一です。

『のろのろ運転』が居たら、まずよく観察し、当たり屋かどうかをしっかりチェックします。
当たり屋でなければ、追い越し車線などでしっかり追い越せばいでしょう。
ちょっと判断が付かない、馬鹿な感じの運転手だった場合は、休憩することを考えましょう。
コンビニとかあれば、休憩しちゃいましょう。

 珈琲などを飲んで、少し時間を置いて、まあ別のルートなども考えてから出発するといいでしょう。
 時間がズレて馬鹿に合わなければいいわけですから。
 我々君子は、危うしに近寄らず。が正しいのです。

 ただ、気を付けていたとしても、起こらないとは言えません。
「当たり屋」とおぼしき悪によって交通事故に遭ってしまった場合の対処方法をお伝えしておきましょう。
あらかじめどうするかを認識しておけば、交通事故のショックで気が動転していてもある程度の対処は
可能だと思いますから。

 特に女性がそんな目に遭ってしまうと、相手から強い口調で言われると怖いですから、つい言いなりに
なってしまうこともあるでしょう。


 絶対言いなりになっちゃダメです。相手は人間のくずです。すぐに携帯で警察を呼びましょう。
事故の詳細を言う必要はありません、場所がわかれば場所を、そして脅されていると言いましょう。
とにかく早く警察に来てもら事、相手が示談を要求してもすぐに警察を呼ぶことが大事です。

 そして、きちんと警察が呼べたら、相手の証拠隠滅に気を付けましょう。
可能であれば、写真を撮っておきましょう。事故現場や事故現場付近に破損した部品などが落ちていたら、
それらを写真に撮っておくのです。

「当たり屋」は、自分に不利になるような証拠をなくそうとします。車線変更して起こそうとして
当たった場合は、両者の過失となりますが、後ろから衝突となるとほぼ10/0になるため、「当たり屋」は
それを狙ってきます。写真があれば、自分を守ることが出来ることもあります。

 さらに保険会社の連絡先が分かれば連絡して、後の対応を依頼しましょう。

 警察の事故処理が終わったら、後は保険会社を通して交渉を行うようにしてください。
もしかすると、後は本人同士でと警察からは言われるかも知れませんが、なるべくその後は保険会社に
任せましょう。基本的に本人同士の交渉はしてはいけません。

 このように運悪く、「当たり屋」に合ってしまった場合は、とにかく警察処理と保険会社に任せること、
そして可能であれば相手の証拠隠滅をさせないこと、これだけはやっておくといいでしょう。

 もっとも、その前に、「当たり屋」にやられないように気を付けて運転するように
しておきましょう。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。