トラックと交通事故の深い関係 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > トラックと交通事故の深い関係

トラックと交通事故の深い関係

2013年(平成25年)に起きてしまった交通事故件数は629021件だったそうです。
これは1日あたりに換算すると1700件以上、1時間に70件以上、1分に1件以上起こっていることに
なります。今まさに1件交通事故が起こっているのでしょう。

 このように1分単位で起こっている交通事故。一度遭ってしまうと、怪我で痛い、何かと面倒、
だったりしますし、最悪の場合人生が止まってしまうことだってあるのですから、とにかく
交通事故に遭わないようにしていくことが第一なのです。

 交通事故に遭わないためにはどうすればいいか?

実は、そのために私達が日ごろから意識しておくべきキーワードがいくつかあるのです。

 今回はその1つ『トラック』というキーワードについてご紹介していきたいと思います。

 交通事故とトラック、なんとなくピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんが、トラックは
普通の車以上に交通事故と関係が深いのです。
 
交通事故に関連した法律として、近年「危険運転致死傷罪」という言葉をよく耳にすると思います。
その危険運転致死傷罪が成立するきっかけに大きく影響したのが、1999年に東名高速で起こった、
飲酒運転のトラックが自動車に突っ込み子供2人が亡くなった、という交通事故でした。

 その後、危険運転致死傷罪が知られるようになり、飲酒運転による交通事故が多かったこともあり、
飲酒がピックアップされてきました。

 当然のことながら、飲酒運転は問題外なのですが、『トラック』にも注目するべきなのです。

 もちろん、『トラック』に乗ることがいけない、ということではありません。
 
 『トラック』がより危険な車である、そして『トラック』運転者のマナーに問題がある、という
現状が問題なのです。

 交通事故が発生した時、トラックと普通車がぶつかると、普通車の方が被害が大きく、人が亡くなる
ケースも多くは普通車側です。

 そりゃ、大きい物と小さい物がぶつかったら小さい物の方が壊れることは誰にでもわかることでしょう。
ところが、その大きい物であるトラック、自分が大きい物で危険な物であるという認識が薄いと
言わざるを得ません。


 事実、運転している多くの人が、トラックは危ない運転をする、というイメージがあるのではないでしょうか。
例えば、道路で後ろから煽られた、狭い道をスピードと粉じんをまき散らして走って行った、など・・

 それに、万が一ぶつかったとしても、トラックに乗っている自分は怪我する可能性が低いとわかっているから
普通の車を避けさせるような運転を結構よく見かけます。軽自動車の後ろで煽っている姿さえ、見かけることも
あります。


 このような行為は、あきらかに自分達が危険な物を運転しているという自覚がない証拠でしょう。そして
運転マナーに問題があるという証拠でもあります。

 恐らく、もしこの文章をトラックを運転している人が見ると、苦々しく思うでしょうし、自分はそんなこと
してない、とも思うかもしれません。

 しかし、トラックに乗る人の多くはトラック協会に属しているはずです。
 それならば、そういうマナーの悪いトラック運転手が居る事を改善するべきなのです。

 「朱に交われば赤くなる」

 マナーの悪いトラック運転手をそのままにすることは、トラックを運転する人全体の印象を悪くしているのです。

 確かに日本の流通経済を担っていることでしょう。それと危険を意識することは別の事です。マナーが悪いことは
別の事です。トラックをちゃんと運転している人が業界を改善していくことが必要なのではないでしょうか。

 さて、話が逸れましたが、残念ながら現状はトラックのマナーはいいとは言えません。そして大きさから危険な物
であることは間違いありません。
 
そして、そんな物が、普通の車と一緒に走っているのです。

 交通事故に遭わないためには、私達もトラックは危険な物だという認識を持って運転していく必要があるのです。

 トラックに近寄らない、前後に来たらなるべく車間距離をあける、煽ってきたらアンポンタン!と思って避けるのです。

 これが、交通事故に遭わないためのキーワードが「トラック」であることの意味なのです。


 近い将来、トラック業界に自浄作用が働き、マナーの悪い危険な運転を徹底的に改善してくれることを期待します。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。