交通事故に遭わないためには、『かもしれない』が大事 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故に遭わないためには、『かもしれない』が大事

交通事故に遭わないためには、『かもしれない』が大事

 これまで、歩行者、自転車を運転する立場、車を運転する立場、
それぞれから交通事故に遭わないためにはどうすればいいかを考えてきました。

 今回は、立場に関係なく全てにおいて交通事故に遭わないためには、
どうすればいいのかを考えてみたいと思います。


 全ての人が交通事故に遭わないためにはどういうことをすればいいか?
その答えの1つと言えるのが『かもしれない』と思うことです。


 『かもしれない』というのは、例えば

 ・歩行者の立場なら、車が信号無視をしてくる『かもしれない』

 ・自転車を運転する立場なら、あの自転車が急に飛び出してくる『かもしれない』

 ・車を運転する立場なら、前の車が急ブレーキをかける『かもしれない』

 と思っておくということです。


 違う言い方で言うと、危機を察知する、色んな状況を想定しておく、のです。

 交通事故以外でもそうですが、ミスや失敗などの原因としてよくあることが
『思い込み』です。


そして人間は、想定していない状況に置かれるとパニックになりがちです。
 
 車は信号無視しないから(思い込み)歩行者信号が青になったから渡ろう!
 → 信号無視して突っ込んでくる車がいる、そんな・・と体が一歩も動けない。(パニック)


 あの自転車は普通に止まるだろう(思い込み)こっちが優先だから進もう!
 → 止まらずに自転車が飛び出してきた、ブレーキも掛けれない、避けれない。(パニック)


 普通に進むだろう(思い込み)急いでいるから前の車により迫って車間距離を詰めておこう!
 → 急にブレーキランプがついて前の車が急ブレーキ、ブレーキが遅れて止まれない。(パニック)

 全て交通事故になってしまったかもしれません。

 それぞれ『かもしれない』と思っていたら、回避できた交通事故だとは思いませんか?

そりゃ、あらゆるパターンを想定するなんて不可能です。
でもより可能性のある危険性について『かもしれない』と思うことは
出来るはずです。


 そうしておけば、交通事故のきっかけさえ起こらないかもしれません。

 もしかしたらそれでも交通事故のきっかけが起きてしまうかもしれません。

でもそんな場合でも、『かもしれない』と思っておけば、突然のことにもパニック
にならずに上手に回避できる可能性も高くなることでしょう。

 『かもしれない』と思うことは、それだけ大事なことなのです。

 ただ、1点気を付けないといけないことがあります。


 それは、『かもしれない』と思っていても、そうならないことが続くと
『かもしれない』が『そういうことはない』と思ってしまいがちだと
言うことです。

 昔のイソップ童話の中に、「オオカミ少年」というものがありました。

羊飼いの少年が、退屈しのぎにオオカミが出た!というウソを人々に言って
騙していた。

そういうウソを何度もしていた。
すると本当にオオカミが出た時に「オオカミが出た!」は
人々から信頼されなかった。というお話です。

 本当にオオカミが出たのですから、人々も危険なはずです。
 ところが、うそつきの少年のうそに慣れ『そういうことはない』と
思ってしまったのです。

 このことは人間が持っている学習能力が関係しています。
経験を積んでいくことで、こういう場合はこうすればいいということを
学習していくことなのですが、ここに間違いがあるのです。
 最初は危険『かもしれない』と思っていても、何度も大丈夫な経験をすると、危険なのではない、
という風に学習してしまうのです。


交通事故に関しても、最初のうちは『かもしれない』と
十分気を付けていたとしても、慣れとともに大丈夫なんだ、と学習して
しまいがちなのです。


 しかしオオカミの件でも交通事故に関しても、その学習結果自体が
間違っているのです。


 交通の状況と言うものは、1つとして全く同じ状況はあり得ないからです。
車や歩行者の位置、自転車や車のスピード、天気、運転している人の年齢、
技術など、毎日毎回が初めての状況なのです。

ですから、毎回『かもしれない』と思っておかなければいけないのです。

 交通事故に遭わないためには、『かもしれない』が大事。
そして未来永劫ずっと『かもしれない』と思い続ける事が必要なのです。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。