交通事故に遭わないために(運転手編) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故に遭わないために(運転手編)

交通事故に遭わないために(運転手編)

 交通事故は、歩行者や自転車の方も巻き込まれたり
時には起こしてしまうこともあります。

しかし交通事故の多くはやはり車が関係、関与しているものです。

ですから交通事故を減らすためには、やっぱり車を運転する運転手が
交通事故に遭わないようにすることと如何に交通事故を起こさないように
するかということが一番大事であり必要なことです。
 
 そこで、車を運転する運転手側からの視点で交通事故に遭わないためには、
起こさないためには
どうすればいいのかを考えてみたいと思います。

 交通事故には、大きく2種類、他責と自責があります。

まず他責の交通事故について考えてみましょう。

 他責の交通事故は、交通事故に遭うという場合のものになります。

他の車に追突される、擦られるなど、なんらかの接触があると
交通事故となります。

具体的によくありがちなのが、ブレーキを掛けた時にスピードを出してきた
後続車が止まり切れずに
追突されたとか、急に相手が車線をはみだしてきてぶつかってきた、
ということでしょう。

 ちょっと考えると、相手が悪いのだからこのような交通事故は
防ぎようがない、と思うかもしれません。

しかし、実は全部とは言いませんが防ぐことは可能なのです。

 それは、そういう車というのは、何かしらの予兆があるものだからです。

例えば、後ろからかなりのスピードを出して迫ってくる、なんかフラフラ
していたり、車線の左右どちらかに
寄りすぎているなどです。

 もしそういう車の予兆を感じたら、出来るだけ避けるようにしておくのです。

そんなことを言うと、なんでこちらが避けないといけないのか?とか、
そんなのわからないよ!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
 でもその考えは事故に遭わないという点からいえば、危険な考えだと言えます。

もしかすると、危機回避能力や危機察知能力が普段から意識されていない
かもしれないからです。

 ことわざに「君子危うきに近寄らず」という言葉があります。

 交通事故に遭わない最善の方法は、まさにこの言葉通りなのです。

如何に危ない車、事故を引き起こすような車に近づかないかということが
大事なのです。

どちらが悪いかなんて当然わかります。スピードを出してくる暴走車が悪いに
決まっています。

しかし、だからと言って、妙なプライドで避けたくない、なんで避けないと
いけないんだ、なんて思っていては交通事故を引き寄せてしまっているのです。

如何に危機回避をしていくかが大事なのです。

 交通事故に遭わない最善の方法は、如何に危機を察知し危機回避を
していくかということなのです。

 次に自責の交通事故を防ぐためにはどうすればいいか、を考えてみましょう。
交通事故を起こすということは、誰にでも可能性があるのです。

そりゃ日ごろから暴走したりしていれば、交通事故を起こす可能性も
高くなりますが、日ごろは優秀ドライバーでもたまたま目を離した時などに
たまたま人が飛び出して交通事故を起こしてしまうこともあるのです。

 これを運、と言ってしまえば、それまでかもしれませんが、本当に
何がきっかけで交通事故を起こしてしまうかわからないのです。

どんな人でも交通事故を起こしてしまう可能性があるのです。

 じゃあどうすればいいのか。


 答えは、1つしかありません。
 運転をする際には、常に十分な注意をし続ける、ということだけなのです。

 ですから、本来運転することは、非常に疲れることなのです。

常に気を張って、あらゆることを想定して、人が飛び出してこないか、
前の車が急ブレーキを掛けないか・・・
 
ドライブが好きな人とかは、もっとゆったり、いい気分で運転したい!
と思われるかもしれません。

でもドライブであっても、注意して運転をしないなんてありえないはずです。


いくら楽しいドライブでも他の車や歩行者のことを一切無視していいなんて、
こともありえないのです。


 そりゃ、ガチガチになって運転するのもどうかと思います。

楽しいドライブは楽しくした方がいいでしょう。
でも100%のうち常に何%かは注意をしておくことは、
忘れてはいけないことだと思うのです。

 交通事故に遭ってしまってからでは遅いのです。
そうならないためにも、少しずつ注意して運転を
していきましょう。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。