交通事故に遭わないために(自転車編) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故に遭わないために(自転車編)

交通事故に遭わないために(自転車編)

 平成25年に改正された道路交通法。そこで一番注目されたことの1つと言えるのが
自転車に関することではないでしょうか。
 
法律的には、その前から既に「自転車は軽車両」という位置づけになっていたのですが、
なんとなく曖昧になっていたようですし、多くの人はそんなこと意識したことも
なかったことでしょう。

 それが今回の法律改正によって、自転車に関することも厳しくなったことで、
テレビの情報番組などで専門家が登場して説明したりするなど、何かと話題になるようになりました。

 そもそもなぜ改正されたのでしょう。
実は、その一番大きな理由と言うのが自転車による違反や事故が多くなったことなのです。

 と聞いても、普段から普通に買い物や通勤、通学などで自転車に乗っている人の多くは、そんなに
違反とか事故なんかあるのか?という感じで思われる方も多いかもしれません。

 実はそこに自転車に関する大きな問題が潜んでいるのです。
今回の道路交通法の改正の最大の欠点とも言えるかもしれません。
 

そしてそれを理解することこそが、自転車に乗る立場として交通事故に遭わないための最大の秘訣にも
なるのです。

 今回の自転車関係の改正の主なポイントは、自転車は軽車両である。
だから基本的に車と同じ側を通ること。
車は道路の左側通行です。だから自転車も左側通行をしなさい、ということです。


 確かにもっともなルールです。

 しかし、この部分こそが最大の欠点と言えるかもしれません。

 それは、「環境を整える前に、ルールを先に改正してしまった」ということです。

 今回の法改正の原因は、自転車による違反や事故が多くなったことです。
具体的な例を挙げると、
 ・ブレーキがついていないスポーツタイプの自転車でスピードを過剰に出している
 ・ヘッドホンやイヤホンなどで音楽を聴きながら自転車を乗っている
 ・急な横断や信号無視を行う
などがあるようです。


以上のことが原因となって、歩行者と接触したり自転車同士が接触する事故が発生し、
死亡事故にまで至っているケースもあります。

自転車によく乗る方の中には、例のような危ない自転車を見かけたことが
ある人も多いことでしょう。

 確かに、横暴で自分勝手な自転車を運転する人は、辞めさせなければいけません。
 そのためには、法律を強化して取り締まらないといけない!
 確かに、それも正しいように思います。

 しかし、それが間違いでもあるのです。
現実的に考えて、先ほどの例のような運転をする自転車を運転する人、
自転車を運転する人全体の中の何%でしょうか?

恐らく1%にも満たないのではないでしょうか?

 その1%のマナーが疑われる運転は、誰が見てもおかしなもので、
取り締まって欲しいと思っているはずです。

 法律を変える前に、まずはそのろくでもない自転車運転手を注意し、警告し、
言う事を聞かなければ逮捕すればいいのです。

もともと自転車は軽車両なのですから、注意できるはずです、警告できるはずです、
逮捕できるはずです。
それをまずやるべきだったのです。

 そしてその後、自転車を普通に乗る人がきちんと左通行できるように日本中の
道路の整備し環境を整えてから、法律を改正するべきたったのです。

 そうしなかった結果、もともと正しく安全に運転していた人や、道が狭くて
右側を通行しなければならなかった人でも何か悪いことでもしたかのような
感じになってしまうことになっているのです。

 本来の問題だったマナーが疑問視される運転手は、
マナーが改善されないまま運転をしているかもしれません。
本人が気をつけようと思わなければルールを改善しても
根本的な改善とはいえないでしょう。


 しかも環境が整っていないので、左車線を自転車で行っても、車が駐車していて危ないことの方が
多いのです。

歩道を通った方が安全な場合が多かったりするのです。

 そのように、ルール改正によって普通に自転車を運転している人にとっては、
凄く交通事故に逢いやすい状況になってしまっているのです。

 反面、そのルールを守らないといけないのも間違いありません。罰則もあります。

 では、自転車を運転する上で、交通事故に遭わないためにはどうすればいいか?

それは、自転車の環境が整っていないことを認識しつつ、安全を第一にした運転をすることしかありません。

歩行者の危険になりそうなところでは、自転車を降りる選択もしていきましょう。
道路で危ないと思ったら、そこだけは自転車を降りて歩道を歩く選択もしていきましょう。
安全を第一に考えていくと、ルールに外れることはめったにないはずです。ルール側にしばられて危険な方を
選択することだけは、避けていきましょう。

 最後に、自転車の専門家としてテレビでしゃべっている人は、
そういうマナーの悪い自転車を問題視するべきなのだと感じます。

自分達がかっこいい自転車に乗っているからなのか知りませんが、
法律のことだけを言って逃げているようにしか見えません。
 
専門家、ある程度の自転車協会などの人であればあるほど、この環境整備できていないことを
改善する義務があるのです。

自転車好きなら、マナーの悪い自転車を消滅させることに力を注ぐべきでしょう。
そして環境改善を進めてください。
しっかりお願いしますよ。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。