交通事故に遭わないために(歩行者編) - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故に遭わないために(歩行者編)

交通事故に遭わないために(歩行者編)

 2013年(平成25年)の交通事故件数は629021件で、こちらは10年連続の減少だったそうです。
 2013年(平成25年)の交通事故死者数は4373人で、13年連続での減少だったそうです。

 交通事故の件数、交通事故死者の人数が減ってきているということは、
自動車自体の安全面の改善や各種交通取り締まり、交通安全の教育などの
効果が出ていると言えそうです。
 
 しかし、0ではありません。
 記憶に新しいところでは、お笑いタレントであり歌手としても
有名だった『桜塚やっくん』が中国自動車道で
交通事故に寄って亡くなりました。

 約63万件の事故には、約78万人もの負傷者がいます。

 1日平均、約1730件もの事故が発生し、約2130人もの人が負傷しているのです。

交通事故が減っているとはいえ、まだまだ起こらないものと言える訳ではないのです。


 そんなまだまだ身近な交通事故ですが、出来れば遭いたくないものです。

という訳で、交通事故に遭わないためにはどうするのがいいのかを
考えてみたいと思います。


まずは、歩行者側の立場で考えてみましょう。

 歩行者が絡む交通事故には、色んなケースがあります。
・横断歩道で信号が変わったから渡ろうとすると、信号無視の車が突っ込んできた。
・見にくい交差点などで、急に車が出てきた、一時停止を怠った車が突っ込んできた。
・その逆に、交差点などで歩行者自身が確認せずに飛び出てしまった。
他にも色々ありますが、歩行者側に何の落ち度もないケースから、ちょっと不注意というケースまで様々です。

 しかし1つだけ確実なことがあります。

 それは、理由はどうであれ歩行者が交通事故に遭ってしまうと、
怪我をする可能性が高い。ということです。

 歩行者と交通事故と言えば、ほぼ加害者になる事はありません。

ほぼ間違いなく被害者となってしまう立場です。

相手が車という場合がほとんどなのですから鉄の物体と戦って勝つわけがありません。


 運よく軽い怪我で済むということもありますが、中には大怪我になることも
ありますし、最悪の場合は、死亡してしまうことだってあるのです。


 それだけに、歩行者の立場から交通事故に遭わないことを考えることは、
非常に大事なことです。

 それではどうすればいいのか?

 「歩行者が一歩外へ出れば七台敵がいる」

 ことを理解するのです。

 『男子家を出ずれば七人の敵あり』ということわざがあります。
男が世間に出て活躍すれば、多くの敵ができるものだという意味です。

最近は女性の社会進出も普通ですから、
今や、男女ともにと言ってもいいでしょう。

 でもこのことわざは、切迫感はあまりないものですし、敵も要れば味方もいるものです。

 しかし歩行者の場合は、もっと切迫感があり、かつ敵ばかりだと思った方がいいでしょう。

車が通る事の出来るような道路など外に出たら、車と言う敵がいるといつも思っておきましょう。

信号が変わったって敵が来るかもしれない、一時停止と書いているところから敵が来るかもしれない、

狭い道で横を通っている敵が寄ってくるかもしれない、などなど

とにかく敵にスキを見せないようにするのです。


 最近では、車だけでなく、見た目が素晴らしいがマナーが疑問視される
自転車なんて敵も出てきました。

外は、敵だらけなのです。


 交通ルールがあって歩行者優先だから大丈夫、歩行者専用だから大丈夫、
相手の方が過失が大きいから大丈夫、なんて甘い考えは危険です。
ルールなんて歩行者を守ってなんかくれません。

歩行者優先と言っても、敵はそんなことお構いなしに何かしてくるかもしれません。

自転車は軽車両って言ったって、だから何?って運転している人だっていっぱいいます。
何かされてしまったら、歩行者が損をしてしまうのです。

 自分の身は自分で守りましょう。

外に出た時に、緊張感を持っておく分、室内など敵からの攻撃が来ないような場所に行った際には、
ゆっくり緊張感をほぐしておきましょう。

 そして外に出た時には、しっかり目を見張らせておく。

 このように、常に意識して自分の身を守ることが、交通事故に逢わないための最善の方法なのです。
残念ながらそうするしかないとも言えます。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。