交通事故で打撲の治療期間とは?教科書通りのエビデンスはあるのか? - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故で打撲の治療期間とは?教科書通りのエビデンスはあるのか?

交通事故で打撲の治療期間とは?教科書通りのエビデンスはあるのか?

交通事故では、打撲による負傷ということも少なくありません。

例をあげますと、右肩よりやや内側の前の部分がその部分になりやすく

場合によっては、肩の亜脱臼ということもあり得ます。

脱臼は、見た目にも動かした場合にも明らかな感覚がありますので

わかりますが、亜脱臼は、見過ごされる事もあるかと思います。

また、指なども、打撲をしやすい部分となります。

これは、ハンドルにぶつかるダッシュボードにぶつかるなどが

考えられます。


右肩になりやすい理由としましては、シートベルトの存在があります。

このシートベルトが体が前方にいくのを防いでくれているので

その負担が右肩にかかってきます。

 助手席の肩の場合は左肩ですね。

では、それらの打撲がどの程度の治療期間で治るのかということですが

これは、その打撲がどの部分で生じたのかで大きく変わってきます。


 打撲が関節にまたがっている場合や、柔らかい組織にそれが起きてしまった場合

また、感覚神経が発達している部分に打撲が生じた場合

それらは、長くかかる傾向にあります。交通事故でぶつかりやすく

長引きやすい部位としては指が最も考えられる部位となります。

それに加えて関係してくるのが、打撲の程度という考え方です。

大きな衝撃が加わった場合には、打撲より程度がひどい骨折なども考えなければ

なりません。骨折になってしまうと、治療期間が長くなるのは明らかかと思います。


それらを考慮した上で一般的な治療期間の範囲を大きく超えたり、少なくて済んだり

というように治療期間が変わってきます。
 
 ここで一般的な治療期間ですが2週間から2~3ヶ月というところが一般的でしょう。

このファッジーな治療期間というものがどの人にも当てはまってきます。

ですので、打撲=3週間というような、キッカリとした期間を持ってくるのは

難しい類のものとなります。


                     宇都宮市の交通事故治療 対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。