むち打ち症の治療は、各医療機関ごとに役割がある。 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症の治療は、各医療機関ごとに役割がある。

むち打ち症の治療は、各医療機関ごとに役割がある。

むち打ち症の場合、
「現状、どこをどの程度損傷しているのか」ということを検査する必要があります。

これは、今後の治療の方針を作るために必要なものです。

そのため、病院に行く必要があるということです。

交通事故に遭った場合には、
まず病院へ行き、
緊急に治療をする必要があるのか、
ゆっくりと治療を行う必要があるのか、
などを検査してもらうのです。

検査の際には、神経が傷んでいないのか確認するために、MRIやCTを撮ることもあります。

このようにしっかりと病院で確認してもらい、
痛み止めなどの処置をしてもらった後に、接骨院や整骨院に行きます。

そこでは痛みがある部位だけでなく、痛みがない部位とのバランスを考えながらの施術をしてもらえます。

また、病院での痛み止めのような処置は、対処療法であり、
実際に手当するのとは少し効果が変わってくるかもしれません。


長期的に痛みをなくしていくには根本的に処置をする必要があるので、

この部分は、接骨院や整骨院での施術であれば、その点を見ながらの施術をする先生が多いです。

このようにむち打ち症になった場合には、各医療機関を役目に応じて、使い分けるようにしてくださいね。


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。