むち打ち症の症状が強く出る時間帯とは? - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症の症状が強く出る時間帯とは?

むち打ち症の症状が強く出る時間帯とは?

身体の痛みというのは、

夜よりも朝に痛みが強いことが多いですね。

もちろんむち打ち症も、この例に漏れず、朝に痛みが強いことが多くなります。


これはなぜでしょうか?

朝は1日の始まりであり、夜は1日の終わりであること。

これに理由があると思われます。

朝は身体が動き始めるため、夜の間刺激のなかった

傷ついた筋肉や神経などが伸ばされます。

そうすると、痛みが走ります。


傷ついた部分を伸ばすと、痛みが走りやすいからですね。


逆に夜は身体を休める体勢になり、

痛みを感じにくい姿勢で安静にすることになります。


そのため、痛みはあまり感じなくなるわけです。

このように1日の動きを考えると、

「朝のほうが痛む」という事象に理由がつけられます。

しかし逆に、夜にお仕事をされているような方の場合には、

夜のほうが痛むということになります。


ですので、実際には朝痛む、というよりも、寝起きには痛み安い要素が多い
というほうが正しいかもしれませんね。

                            宇都宮市のむち打ち治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。