むち打ち症で難しい治療のゴール設定 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症で難しい治療のゴール設定

むち打ち症で難しい治療のゴール設定

むち打ち症というのは、
治療のゴール設定がとても難しいと思います。

しかしゴール自体は、大変明確です。
症状固定による示談成立がゴールになります。

ただこのゴールに達した時、患者様の痛みやダルさ、重さなどが全てなくなっているとは限りません。

また、部位によっては、痛みなどの残り方が違うことがあります。


例えば、
「首はずっと痛いが、腰はデスクワークが続くと痛くなる。」

「首とヒザは重さが残っているだけだが、腰は平日にデスクワークをすると、休日はずっと痛みが続く。」


などのような違いがあります。

このような痛みや重みが残ったままでも、それ以上の通院にあまり意味がない、となると、症状固定となります。


よって、示談成立となり、ゴールとなってしまうのです。

もちろん今までの生活でなかった痛みや重さを残したままなので、不安を感じる患者様もいれば、そのうち消えるでしょと感じる患者様もいらっしゃいます。

このように同じむち打ち症の患者様でも、
症状をどう感じるか、
どこで症状固定となり示談成立となるのか、
というのは、違いが大きいということになります。


                   宇都宮市の交通事故治療の対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。