交通事故で最後に治療を受けるのは - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故で最後に治療を受けるのは

交通事故で最後に治療を受けるのは

いつも治療期間の最後のほうになると、思うことがありますが、

交通事故の治療では如何に患者さんの症状が取れているのかという点、

患者さんがこれからどうなるのかという不安、

そして、保険会社の担当者さんとの

話し合いでどのように納得していくか・・・が最後までわからないということです。

不安というのは考え出したらどんどん強くなっていくものであります。

場合によっては接骨院や整骨院の先生の「大丈夫です」という一言で不安がなくなる人もいるでしょう。

それがわかりやすくていいのかもしれません。

しかし、「交通事故の治療はこれで終わっても大丈夫です。」と言われても

それより不安が強く「このままで大丈夫なのかな」と不安になってしまう人は少なからずいるものです。

そこがいつも考えさせられるところです。

大丈夫の根底にはそれなりの根拠があるものですが、

患者さんは自分で起こした交通事故でないようなとき大丈夫とは思えないものです。

                
                                                 宇都宮市の交通事故治療 対応院 


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。