むち打ち症の種類:頸椎捻挫型 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > むち打ち症の種類:頸椎捻挫型

むち打ち症の種類:頸椎捻挫型

むち打ち症は俗称となるため、

正式な名称は変わってきます。

正式な名称は整形外科でつく場合もありますし、

接骨院がつける場合もあります。


その中の頸椎捻挫というものを本日は、お話していきます。

頸椎捻挫と診断された場合には

いわゆる首にある何かが炎症を起こした、

傷ついた状態だと考えていただくとわかりやすいと思います。

頸椎というものは骨や関節を指すものですが、

頸椎捻挫という場合には関節のつなぎ目や関節の動きを制限している靭帯、

首の周囲にある筋肉が炎症を起こしている状態を指すことが多いです。

骨が傷ついた場合には頸椎骨折と必ず骨折がつきますので、

捻挫とだけついた場合には骨に異常なしということです。

また、むち打ち症が分類される中には頸椎骨折というものはありませんので


頸椎骨折と頸椎捻挫は全く違うものが傷んでいると考えていただいていいでしょう。


宇都宮市のむち打ち症対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。