じっとしていても痛い - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > じっとしていても痛い

じっとしていても痛い

むち打ち症での治療を受けられている方には、

安静にしているのに痛いという方もいらっしゃします。

表現の方法としては「何もしていないのに痛い」

「じっとしているのに痛い」そのようにお話することがあります。

これは、結構よくある受け答えなのですが何もしていないというのと

負担や負荷が掛かっていないということは違うということです。

大抵の場合、痛みには波があります。

その波は、精神的不安・寒さや気圧などの気候の変化

そして、重力に影響を受けやすくなります。

 
 何もしていないのに痛い時、その人は同じ姿勢が多かったり胡坐(あぐら)

をかいて体を前傾させていたりすることはよくあることです。前傾により

体の姿勢を維持する筋肉は使いっぱなしになるためその筋肉にはずっと

負担が掛かり続けているということになります。

むち打ち症の場合には主に首周囲や肩回りに負担が掛かったときに

症状が強くなります。

初期の段階では、本当に寝ているだけで痛みが出ますが数週間で

その痛みは取れるのが普通です。

その後数か月経った時にはデスクワークや家事などで


負担が掛かりますのでその時に痛みが出やすくなります。

 
                             宇都宮市のむち打ち治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。