交通事故治療で状態がよくなってきていることをどのように判断していくか。 - 宇都宮市むちうち交通事故治療

HOME > > 交通事故治療で状態がよくなってきていることをどのように判断していくか。

交通事故治療で状態がよくなってきていることをどのように判断していくか。

交通事故治療で痛みが取れてきた場合に

何をもって判断していくのでしょうか。


術者の目線と患者さんの目線が少し違うかもしれません。


わかりやすい例えでいうと、痛みと傷口の治り具合は似ています。


交通事故に遭い痛みが出てしまった場合に目に見えない傷ぐちが

体の内側に出来上がるのですが、その傷とそこから発生する痛みは

徐々に取れていくものです。

皮膚が傷ついてしまった場合には、わかりやすく目に見えます。

傷口ははじめ血が出てその後かさぶたができ

それが取れて皮膚そのものが弾力性を保ちそして

以前と同じような痛みも何もない状態になっていきます。


傷口が大きい場合は少し見た目にも跡が残りますが、

そこを引っ張っても押しても痛くなくなるのが普通の切り傷の治り方です。

皮膚に比べて筋肉などの体を動かしたり支えたりする役割を持つ体の内側の傷口は

動くたびに傷口にストレスが掛かり痛みを発生させます。

そして、1カ月の間痛みを出していたものが

2か月目に入った途端に瞬間的に消えるということはほぼないということです。

傷口がだんだんと治っていくので、痛みもそれに伴って治ってきたり

ストレスが加わるとまた痛みが出たりが繰り返されます。

安静にすることが出来ない筋肉などのため時間が掛かりやすいものとなっています。

                                       宇都宮市の交通事故治療対応院


交通事故治療に関する無料相談・お問い合わせはこちら


交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします




「ホームページを見た」
とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。


0286711300


接骨院へのお電話はこちら

 電話番号:028-671-1300

 受付時間:午前 8:30~12:00 午後 14:30~19:00

 【休診日】日曜・祝日・土曜午後

PageTop




さくら鍼灸接骨院

住所 : 〒329‐1104
栃木県宇都宮市下岡本町3771-18 釜井台団地


【接骨院受付時間】
電話番号:028-671-1300
午前 8:30~12:00
午後 14:30~19:00

【休診日】

日曜・祝日・土曜午後

 



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。